編成変更/カットについて
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
中橋愛生/Gr.5/6:20

科戸の鵲巣(しなとのじゃくそう)-吹奏楽のための祝典序曲【コンクール・エディション】/中橋愛生【吹奏楽ライセンス楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
YDON-C02
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしの半角で入力してください)
FAX番号が無い場合は「なし」とご入力ください。
最大半角60字以内(全角30字以内)
例: 2018/07/22 (未定の場合は「未定」)最大半角20字以内
最大半角60字以内(全角30字以内)
下記利用規約に同意しますか(必須)

■ライセンス楽譜について■
弊社「ライセンス楽譜」は、該当作品の「年間演奏ライセンス」を購入いただくスタイルの楽譜です。


この「ライセンス楽譜」をご購入のお客様には《楽譜(スコア+パート譜セット)》と《演奏許諾書》をお送りいたします。《演奏許諾書》により定められた期間内(※1年間)は、自由に演奏していただけます。


「ライセンス楽譜」の楽譜は返却不要です。ただし、《演奏許諾書》記載の許諾期間が終了した後は、公の場での演奏はできませんのでご注意ください。許諾期間終了後に、再演をご希望の場合は、新たに「年間演奏ライセンス」をご購入ください。


(1)「年間演奏ライセンス」お申し込みについて
弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

(2)「年間演奏ライセンス」料のお支払いについて
ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

(3)「年間演奏ライセンス」の有効期間について
出荷日より1年間です。(※《演奏許諾書》に明記されます。)

(4)《演奏許諾書》について
《演奏許諾書》は楽譜出荷時に1枚同封いたします。演奏ライセンスの契約内容を記載した重要書類です。再発行は致しませんので、紛失しないようご注意ください。コンクール等へご出場の際は、この《演奏許諾書》をコピーしてご提出ください。

(5)演奏や録音等に関する著作物使用料について
日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理団体が徴収いたします。演奏や録音等の際には楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払いください。コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

(6)無断複製の禁止
楽譜の無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。また、コンテスト等の審査用にスコアをコピーして提出することは認めます。

(7)第三者の使用禁止
《演奏許諾書》に記載された演奏団体以外の第三者が、該当楽譜を演奏することはできません。万一、他の団体によって演奏された場合は、全ての楽譜を没収させていただき、ライセンスご契約者様(団体)及び、不正に楽譜を使用された団体に対し損害賠償を請求いたします。
(*)料金・サービス内容は諸事情により予告なく変更になる場合があります。 あらかじめご了承ください。


この楽譜は返却不要です


■許諾期間終了後に再演ご希望の場合■

① 楽譜をお持ちの場合は、再演用ライセンスがご利用いただけます。


再演用|年間ライセンス料 
吹奏楽作品(商品コードYD〇〇) 一律 16,500円(税込)
アンサンブル作品(商品コードYDQ〇〇) 一律 11,000円(税込)
ブラスバンド作品(商品コードYE〇〇) 一律 11,000円(税込)


再演用ライセンスは初回購入の演奏者(団体)にしか付与できません。

お申し込みの際には初回購入時のライセンスコード(演奏許諾書・スコア表紙に記載されています)が必要です。

ご利用方法、お申込みは下記ブレーン・オンラインショップへ


②楽譜をお持ちでない場合(紛失含む)は、新規で「年間ライセンス」(楽譜セットつき)が必要です。

¥33,000(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:科戸の鵲巣(しなとのじゃくそう)-吹奏楽のための祝典序曲【コンクール・エディション】

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000

♪詳細情報♪

作曲:中橋愛生(Yoshio Nakahashi)
演奏時間:6分20秒 (約)
グレード:5
主なソロパート: Oboe
Trp.最高音:1:HighH / 2:HighH / 3:Fis / 4:HighB / 5:G / 6:Fis
編成:吹奏楽

▼楽器編成▼

Piccolo (1 player~)
Flute (3 players~)
Oboe (2 players~)
Bassoon (1 player~)
Contra Bassoon
(1 player~ opt.)
E♭Clarinet (1 player~)
B♭Clarinet (8 players~)
Bass Clarinet (1 player~)
Contraalto Clarinet
(1 player~ opt.)
Soprano Saxophone (1 player~)
Alto Saxophone (2 players~)
Tenor Saxophone (1 player~)
Baritone Saxophone (1 player~)
Trumpet (8 players~)
Horn (6 players~)
Trombone (6 players~)
Euphonium (2 players~)
Tuba (2 players~)
String Bass (1 player~)
Percussion ※6 players~
Timpani
Snare Drum
2 Bass Drum
5 Tom-toms
Crash Cymbals
Sizzle Cymbal
Tam-tam
3 Triangle
Wood Blocks
4 Temple Blocks
2 Moku-Sho (木鉦)
Bongos
Wind Chime
2 Wind Bell(風鈴)
Sleigh Bells
Glockenspiel
Tublar Bells

♪楽曲解説♪

陸上自衛隊中央音楽隊の委嘱作品として2004年に作曲したものを、2006年にミュゼ・ダール吹奏楽団(東京)の依頼により、吹奏楽コンクールの時間制限に合わせてカットを行ったものが、このコンクール・エディション。全曲版の室内楽的な部分を削除し、更に細部に小さなカットを施し、それに伴って音の改変を行ったものである。

「科戸の風」(しなとのかぜ)という言葉がある。これは「一切の穢れを吹き去ってくれる風」のこと。「科戸」単独では「風の起こる場所」の意である。また、「鵠巣(じゃくそう)は風の起こる所を知る」という諺がある。カササギにはその年の風の具合を予見して巣を作る本能があると言われており、「未来を予知する能力」を例えている。この二つの言葉を合成し、「風の起こる場」である吹奏楽のための、祝福された未来へ向かう序曲のタイトルとした。

未来は過去や現在の行き着く先にあり、それらを包括したものが《歴史》である。「異なった時空」である幾つかの音響や動機が様々に「重なり合う」ほか、時には同一の旋律さえも重層的に響き合う。そうした「時の積み重ね」の行き着く先に、それまでに潜在的に堆積してきたものが前面に顕われるのである。

この曲は、公的には初演が最後の定例演奏会となられて退官された音楽隊の野中図洋和・元隊長、私的には初演の頃に結婚をされた大切な友人、というお二人の新しい門出に捧げられている。祝典曲として、普段の私のスタイルとは少々違う引き出しを開けたものとなった。

詳しくは作曲者HPへ

詳細>>> http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp/note.html#shinato
音源>>> http://page.freett.com/napp/shinato.htm

2つの版の相違点>>> http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp/shinato.html

チェックしたアイテム