ブレーン・オンライン・ショップ |「バレエの情景」より/A.グラズノフ(小野寺 真)【吹奏楽ライセンス楽譜】吹奏楽・アンサンブル・合唱の通販サイト

× CLOSE

本格派アレンジ作品をお探しのバンドに。抒情的・ロマン的な和声感、吹奏楽ならではの色彩豊かなサウンドが楽しめる作品です。

「バレエの情景」より/A.グラズノフ(小野寺 真)【吹奏楽ライセンス楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
YDAG-A06
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
下記利用規約に同意しますか(必須)

■ライセンス楽譜について■
弊社「ライセンス楽譜」は、該当作品の「年間演奏ライセンス」を購入いただくスタイルの楽譜です。


この「ライセンス楽譜」をご購入のお客様には《楽譜(スコア+パート譜セット)》と《演奏許諾書》をお送りいたします。《演奏許諾書》により定められた期間内(※1年間)は、自由に演奏していただけます。


「ライセンス楽譜」の楽譜は返却不要です。ただし、《演奏許諾書》記載の許諾期間が終了した後は、公の場での演奏はできませんのでご注意ください。許諾期間終了後に、再演をご希望の場合は、新たに「年間演奏ライセンス」をご購入ください。


(1)「年間演奏ライセンス」お申し込みについて
弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

(2)「年間演奏ライセンス」料のお支払いについて
ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

(3)「年間演奏ライセンス」の有効期間について
出荷日より1年間です。(※《演奏許諾書》に明記されます。)

(4)《演奏許諾書》について
《演奏許諾書》は楽譜出荷時に1枚同封いたします。演奏ライセンスの契約内容を記載した重要書類です。再発行は致しませんので、紛失しないようご注意ください。コンクール等へご出場の際は、この《演奏許諾書》をコピーしてご提出ください。

(5)演奏や録音等に関する著作物使用料について
日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理団体が徴収いたします。演奏や録音等の際には楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払いください。コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

(6)無断複製の禁止
楽譜の無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。また、コンテスト等の審査用にスコアをコピーして提出することは認めます。

(7)第三者の使用禁止
《演奏許諾書》に記載された演奏団体以外の第三者が、該当楽譜を演奏することはできません。万一、他の団体によって演奏された場合は、全ての楽譜を没収させていただき、ライセンスご契約者様(団体)及び、不正に楽譜を使用された団体に対し損害賠償を請求いたします。
(*)料金・サービス内容は諸事情により予告なく変更になる場合があります。 あらかじめご了承ください。


この楽譜は返却不要です


■許諾期間終了後に再演ご希望の場合■

① 楽譜をお持ちの場合は、再演用ライセンスがご利用いただけます。


再演用|年間ライセンス料 
吹奏楽作品(商品コードYD〇〇) 一律 16,500円(税込)
アンサンブル作品(商品コードYDQ〇〇) 一律 11,000円(税込)
ブラスバンド作品(商品コードYE〇〇) 一律 11,000円(税込)


再演用ライセンスは初回購入の演奏者(団体)にしか付与できません。

お申し込みの際には初回購入時のライセンスコード(演奏許諾書・スコア表紙に記載されています)が必要です。

ご利用方法、お申込みは下記ブレーン・オンラインショップへ


②楽譜をお持ちでない場合(紛失含む)は、新規で「年間ライセンス」(楽譜セットつき)が必要です。

¥44,000(税込)
税抜 ¥40,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:「バレエの情景」より

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000
バンド指導者による選曲アドバイス

音楽の深い学びが得られる!
ピアノ曲や管弦楽曲等のアレンジに定評がある小野寺真氏によるロシアの作曲家グラズノフの管弦楽アレンジ作品です。「バレエの情景」という曲名ですが、実際のバレエのために書かれ・・・

>>続きはこちら

♪詳細情報♪

作曲:アレクサンドル・グラズノフ(Alexander Glazunov)
編曲:小野寺真 (Makoto Onodera)
演奏時間:9:00(約)
グレード:4.5
主なソロパート:Cl.
Trp.最高音:1st:As/2nd:F
演奏最少人数:22人
編成:吹奏楽

▼楽器編成▼

Piccolo (doub.Flute)
1st Flute
2nd Flute (opt.)
Oboe (opt.)
Bassoon (opt.)

1st Clarinet in B♭(div.)
2nd Clarinet in B♭
3rd Clarinet in B♭
Bass Clarinet in B♭

1st Alto Saxophone in E♭
2nd Alto Saxophone in E♭(opt.)
Tenor Saxophone in B♭
Baritone Saxophone in E♭
1st Trumpet in B♭
2nd Trumpet in B♭

1st Horn in F
2nd Horn in F

1st Trombone
2nd Trombone

Euphonium
Tuba
String Bass (opt.)

Piano (opt.)
Harp (opt.)
1st Percussion
Timpani
Marimba
Triangle
2nd Percussion
Glockenspiel
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Triangle
Vibraphone
3rd Percussion
Crash Cymbals
Triangle
Vibraphone
Bass Drum
4th Percussion
Marimba
Tambourine
Suspended Cymbal
Snare Drum
5th Percussion(Opt.)
Glockenspiel
Vibraphone
Triangle
Bass Drum
Marimba
Crash Cymbals
Suspended Cymbal

♪楽曲解説♪

「バレエの情景」はアレクサンドル・グラズノフ(1865-1936)によって1894年に作曲された。
タイトルに「バレエ」とあるものの、バレエの舞台上演のためではなく純粋に管弦楽のための組曲として書かれている。組曲の多くは舞曲で構成されており、まるで架空のバレエのための付随音楽による組曲のようである。

「序曲」「マリオネット」「マズルカ」「スケルツォ」「パ・ダクシオン」「東洋舞曲」「ワルツ」「ポロネーズ」の8曲で構成されているが、今回の吹奏楽版では「序曲」「マリオネット」「パ・ダクシオン」「ポロネーズ」の4曲を選び、それぞれの曲も短縮。ハイライトのような形で様々な性格のシーンを楽しめるよう、またコンサートやコンクール等で演奏しやすいよう構成した。

グラズノフの作品はチャイコフスキー風のロシア・ロマン主義と、国民楽派的な民族主義とを融和させた作曲様式が特徴といえる。この作品もロマン的・抒情的な旋律や豊かな和声に溢れており、特に「パ・ダクシオン」は、後に作曲されたグラズノフの代表作・バレエ音楽「四季」の秋-小さなアダージョを彷彿とさせる美しさを持つ感動的な楽章。数年後に作曲されるバレエ音楽「ライモンダ」、「四季」へと繋がる意味を持つ作品と言える。

この吹奏楽用編曲は、元々は千葉日本大学第一中学校・高等学校の委嘱で2014年に大編成として編曲。2020年に埼玉県・志木市立志木中学校のために小編成へ改作した。
なお、元々の編曲では4曲とも原調(A dur、D dur、D dur、A dur)で編曲、演奏されたが、出版の際にフラット系の調へ移調している。調性にはそれぞれの調に特有の色彩や意味があり、この移調の処置には様々なご意見があるだろう。しかし今回の楽譜では演奏される団体の多くがスクールバンドであることが想定されること等を考慮し、教育的配慮の観点から移調を施した。その点ご理解いただければと思う。


○演奏上の注意

1、練習番号「D」最初の8分音符を演奏したところで第1曲「序曲」を終結させることもできる。その場合には「序曲」と「マリオネット」の間に楽章間の間を空けることができるし、「マリオネット」をカットすることもできる。

2、ピアノとハープは両楽器ともにオプション扱いだが、「マリオネット」と「パ・ダクシオン」はどちらか片方の楽器を入れることによって、より色彩的に響く。

3、打楽器は4パート+オプション1パートで書かれており、小編成の楽譜としては比較的多い人数で書かれているため、特に小編成バンドでは奏者が揃わない事も予想される。

今回の編曲では原曲には無い打楽器を多く追加しているため、人数が揃わない場合は「原曲に元々入っている楽器」だけを演奏することによって少人数で演奏できるシーンが多々あるので、原曲も参照されたい。
またバスドラムとクラッシュシンバルはアタッチメントを使用することにより1人の奏者で演奏することが出来る。(練習番号「R」以降など)

アタッチメントが用意できない場合は、クラッシュシンバルの片方をサスペンダーシンバルのように(上向き)に取り付け、その上から叩くことでも代用できる。

(小野寺真)

チェックしたアイテム

カテゴリーからさがす