選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
コロナに負けないキャンペーン
福本先生の明快なアナリーゼと モデルバンド「東京吹奏楽団」の演奏で課題曲を徹底攻略!

限られた練習時間で効率よく課題曲をマスターできる必携のDVD!

テスト商品:購入できません

在庫
在庫あり
商品コード
test-kd
メーカー
ブレーン株式会社
¥5,225(税込)
税抜 ¥4,750
数量
-+
収録内容
【課題曲Ⅰ】
トイズ・パレード/平山雄一
【課題曲Ⅱ】
龍潭譚/佐藤信人
【課題曲Ⅲ】
僕らのインベンション/宮川彬良
【課題曲Ⅳ】
吹奏楽のための「エール・マーチ」/宮下秀樹

※【課題曲V】は収録されておりません

Step別で攻略できる課題曲!
最初の取り組みから、本番前の曲の仕上げまで、 課題曲を演奏する様々な場面で参考になるポイントを明快に解説&演奏

Step0 楽曲の構成と注目ポイント
Step1 <カギ>になるセクションは分奏で
Step2 最初はこれだけ確認しよう
Step3 ちょっと差をつける演奏ポイント
Step4 本番直前!オリジナリティを感じさせる味付けを
Step5 指揮者へのワンポイント・アドヴァイス
Step6 通し演奏(全曲) 

※課題曲ⅠとⅣは小編成の演奏も!
I…20人
IV…20人
自由曲演奏にも役立つ、福本先生のショートコラム入り
「伴奏のスタッカート」「音に名前があるの?」
「ディナーミクとアゴーギク」「コンデンススコアの活用法」
クリニックDVDを購入してくださった先生方の声をご紹介!

「時間がない時こそ頼るべきDVD!」 ― M中 M先生(40代 男性)

生徒と一緒にこのDVDを見てから練習に入る これが毎年の恒例です。 楽曲分析(アナリーゼ)がとても詳しく、自分だけではここまでできないし 時間がかかる。
時間がない人でも 効率よく楽曲を理解することができ、 とても便利です!

「表現を共有、練習効率アップ」 ― S高 S先生(40代 男性)

福本先生のアナリーゼや表現を、一つの例として生徒と共有します。 そうすることで、「DVDより、ここのテンポをもう少し速くしよう」 「ダイナミクスをもっと大胆につけよう」など、自分たちの色を出すところに時間を使えます。

「目からウロコの練習法」 ― H高 K先生(50代 男性)

このDVDはプロの視点で的確にポイントを絞って解説しているので、 理解しやすく自分では考えもつかなかったアイデアもあり非常に参考になりました。 もっと早く見ていれば良かったです。

「振り方の引き出しが増えました」 ― K高 O先生(30代 男性)

DVDの特典映像に指揮者映像があるのを知り購入しました。 参考演奏のDVDでも指揮者映像は見ることができますが、 様々な指揮の映像を見て 自分のイメージに合った指揮を探すことで、指揮の振り方の引き出しが増えてきました。


詳細データ
講師:福本信太郎
モデルバンド:東京吹奏楽団

■福本信太郎 プロフィール
1994年昭和音楽大学を優等賞を受賞し卒業。同専攻科に進み、学長賞を得て修了。
1990年第7回日本管打楽器コンクールに最年少参加で入選。
96年、99年同コンクールでは第2位に連続入賞。

近年はサクソフォニストとしての活動のほか吹奏楽指揮の分野にも活動の場を広げ、 コンクール審査員やバンドジャーナル誌等での執筆をはじめ、全国各地で指揮、指導活動を行っており、 川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団、相模原市民吹奏楽団、東海大学吹奏楽研究会の常任指揮者を務めている。

2008年には世界最大の吹奏楽イベントであるミッドウェスト・クリニック(米国・シカゴ)に参加。 ファイナルコンサートにおいて指揮者を務め、世界各国から集まる聴衆から総スタンディングオベーションを受け大好評を博した。

昭和音楽大学准教授を務め、後進の育成にもあたっている。
 
 
■東京吹奏楽団 プロフィール
 東京吹奏楽団は日本の吹奏楽の発展に情熱を傾けた東京藝術大学教授・故山本正人氏(現東京吹奏楽団桂冠名誉指揮者)を囲む一流の管・打楽器奏者が集まり、1963年に、プロの吹奏楽団として創立。
 以来、定期演奏会をはじめ、特別演奏会・レコーディング・全国各地の学校における音楽鑑賞教室などの演奏活動を続け、『東吹』の愛称で広く親しまれるとともに、日本の吹奏楽の発展に貢献。
 1993年には長年にわたる演奏活動と吹奏楽界に対する功績に対し、日本吹奏楽学会より「第3回日本吹奏楽アカデミー賞」(演奏部門)を受賞。
 2008年結成45周年を機に、汐澤安彦が名誉指揮者に就任。
 
 自主公演では、アメリカの作曲家エリック・ウィテカー氏、若き天才フルート奏者デニス・ブリアコフ氏(ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者)、オラフ・オット氏(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席トロンボーン奏者)、作曲家・ピアニストの和泉宏隆氏、サクソフォニスト:ティモシー・マカリスター氏との共演など好評を博す。2012年には、バレエシャンブルウエストと共演、幅広い活動を行っている。
 また、創立当時より取り組んでいるエデュケーションプログラムでの豊富な経験を生かし、早くからアウトリーチ活動にも着目し、積極的に取り入れ各地で好評を得ている。
 2012年9月韓国国際ウインド・バンド・フェスティバルに招待され、指揮フィリップ・スパーク氏と共演、好評を得る。
 東吹は「親しみやすく、愛される吹奏楽団」をモットーに活躍している。

 





コロナに負けないキャンペーン

チェックしたアイテム